【スマホ版】Webサイトの文章をタガログ語に翻訳する方法

「スマートフォンで見ているWebサイト・ホームページ・ブログ記事の文章をタガログ語に翻訳するにはどうしたら良いの?」

スマホの翻訳アプリかブラウザの翻訳機能を使えば良いです。
翻訳アプリは万能なので、OSやブラウザの種類をほとんど問いません。

ブラウザの翻訳機能につきましては、ブラウザの種類によって使えたり使えなかったりするので、上手くいかない時は翻訳アプリを使うようにしてください。
それでは、まずは私がオススメする翻訳アプリと使い方からご説明いたします。

技能実習日誌を自動構築できる勤怠管理のWEBアプリ【AMSTI】

オススメのスマホ翻訳アプリ

私がオススメするのはマイクロソフト社が手がけているシンプルで有能な翻訳アプリの「Microsoft Translator」です。
一般的なテキストの翻訳はもちろん、カメラで映した文章の翻訳やリアルタイムでの会話からの翻訳も可能です。
それに何といっても今回の大きな目的であるWebサイトの翻訳にも対応しています。

Microsoft Translatorの機能まとめ
  • 音声から翻訳
  • テキストから翻訳
  • 会話から翻訳
  • カメラ(画像)から翻訳
  • ブラウザ上でWebサイトを翻訳
インストール可能なスマホOS
  • Android5.0以降
  • iOS12.0以降

Microsoft Translatorで音声から翻訳

PikoPikoBlog記事の一部を機械的に読み上げてみたところ、次のようなタガログ語翻訳結果になりました。

Microsoft Translatorでテキストから翻訳

音声から翻訳した時と同じ文章をテキスト翻訳したところ、以下のようなタガログ語翻訳結果になりました。

音声から翻訳するよりも、テキスト翻訳の方が正確なような気がします。

Microsoft Translatorで会話から翻訳

Microsoft Translatorの会話翻訳を使って会話をすれば、スマホ上でライブ翻訳してくれるので共通言語がなくても意思の疎通が可能です。
試しに、ハリーポッターでお馴染みのエマ・ワトソンのスピーチを会話翻訳でタガログ語(フィリピン語)・日本語・英語の3言語にそれぞれ翻訳してみました。

Microsoft Translatorでカメラ(画像)から翻訳

Yahoo!JAPANのニュース記事をカメラで撮影して画像翻訳した結果は以下の通りです。

私はタガログ語に詳しくありませんが、明らかに文字化けしている箇所もあるので精度はそんなに高くないのかもしれません。

Microsoft TranslatorでWebサイトを翻訳

ブラウザSafariの翻訳拡張機能と言う位置づけなのかは分かりませんが、Microsoft Translatorの設定画面には「Safari翻訳言語」という設定項目があります。
私はiPhone6s iOS14.1を使っており、標準ブラウザがSafariなのでMicrosoft Translatorを拡張機能的に利用することが出来そうです。

さて、WebサイトをMicrosoft Translatorでタガログ語に翻訳するために以下のように設定をしました。

Yahoo!JAPANのトップページをMicrosoft Translatorでタガログ語に翻訳したところ、以下のような結果になりました。

パッと見の翻訳精度は高そうです。

iPhone6sではSafariの画面の下からツール画面をスライドして表示させるのですが、Yahoo!JAPANのトップページにおいてはスライドする場所によってはツール画面にTranslatorが表示されないこともありました。原因はよく分かりません。

スマホブラウザの翻訳機能

ほとんどの場合でAndroidユーザーのかたはGoogle Chrome、iOSユーザーのかたはSafariを使用していると思います。
ここではGoogle ChromeとSafariのブラウザ翻訳機能についてご説明いたします。

スマホGoogle Chromeの翻訳機能

スマホで利用できるGoogle Chromeには元々翻訳機能が付いています。
翻訳したい言語を指定しておけば、翻訳対象の言語のページを開いた時に自動的に翻訳するかどうかの確認メッセージが表示されます。

ただ、なぜか日本語ページを別の言語に翻訳することはできないようです。
もしかしたら、スマホ側で日本語設定にしていることが原因かもしれません。

スマホSafariの翻訳機能

スマホのSafari自体に翻訳機能は付いていません。
今のところiOSを14.2にアップデートしたとしても翻訳することはできません。

代替案としてはMicrosoft Translatorのような翻訳アプリを利用することです。
前述していますが、Microsoft TranslatorはSafariの翻訳拡張機能的に使うことができるので非常にオススメです。

Microsoft Translatorのライブ翻訳で言語をフィリピン語にするとマイクアイコンが出ないんだけどどうしたら良いの?

2020年11月24日時点ではフィリピン語(タガログ語)が音声翻訳の対象範囲に含まれていないため、マイクアイコンが表示されないようです。
試しに他の言語を指定したところ、マイクアイコンが出たので上記理由で間違いないと思います。

今後のアップデートで音声翻訳対象になるのを期待するしかありません。


はい、という事で、スマートフォンで見ているWebサイト・ホームページ・ブログ記事の文章をタガログ語に翻訳するには、スマホの翻訳アプリかブラウザの翻訳機能を使えば良いです。
特にブラウザの種類にこだわりが無ければ、Google Chromeを入れておけば自動翻訳も可能です。

Google Chromeを入れたからと言ってSafariを削除しないといけない、なんて事にはならないので、安心してインストールしてください。
旅行や会議などで翻訳が必要な場合は、Microsoft Translatorというアプリが万能でオススメです。

以上、「【スマホ版】Webサイトの文章をタガログ語に翻訳する方法」でした。